2017-12-28

【ハースストーン】巨獣大召喚!楽しさ重点クエストドルイド!【デッキ紹介】

クエストは自分との闘いである。

クエストは自身との戦いであり、唱えた瞬間対戦相手は露と消え失せ延々とした一人回しが始まる。


というのは言い過ぎた感はあるもののハースストーンにおけるクエストは張った瞬間からはその達成に向かってひた走るものだ。

実際張った瞬間ハースストーンというゲームが別のゲームに変質するのは確かだ変質しすぎてナーフされた物もあったが
そういった別のゲームに変質する瞬間と言うのはどのゲームにおいても一定の興奮がある。

今回はハースストーンからマナコストの概念が崩壊するクエストドルイドを紹介しよう。

決して強い訳では無いが盤面が巨大ミニオンで埋まるのは他にはない楽しさがあるぞ!



【楽しさ重点クエストドルイド】

クエストドルイド


巷では《マリゴス》投入型がレジェンド到達したり《呪われた門弟》を確定招集するような型があるそうだが、このデッキは楽しさ重点なのでミニオンの比率を多めにしてある。

この構築は早いと《ロングネック》《門弟》《回廊蟲》+1で5~6ターンで達成できることも多い。

そのままデッキ内のミニオンのコストをにし《滋養》や《究極の侵蝕》で増えた手札をブン投げれば絶頂モノの盤面が完成する。
《ボーンメア》やら《フェイトスピナー》(バフ選択)を同時に投げれば基本相手自身が爆発してくれるだろう。
実際《フェイトスピナー》に除去を撃たれてその直後相手爆発という流れが非常に多い。


ぶっちゃけ小型ミニオンが多い相手は辛い部分はある、秘策メイジは割とどうしようも無い。
ただこのデッキはそういったのを気にせず大型ミニオンを投げてハイになるデッキである、それを忘れないようにして楽しくフリーマッチでクエスト達成を目指そう!


ちなみにレジェンドの強い枠で入っている《メディヴ》と《アレクストラーザ》だが、ぶっちゃけパワー5以上ならなんでもいい。
自分も《クン》とか《セナリウス》が欲しい・・・。
スポンサーサイト

tag : ハースストーン

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:夜襲

今までの来場者
つぶやき
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR