2017-07-14

いろんなカードゲームを褒めちぎってみる

この世にはネガキャンが多すぎる!


特にツイッターを見てると、ゲームのジャンルに限らず文句しか言ってない方々をよく見かけますが何の生産にもなってないどころかマイナスでしかありません。

いや見る側にとっても不快だし商品の新規参入減らしてるだけなんで、言うなとは言いませんが文句だけの人見ると何が楽しいんだと軽く憐みの目を向けてます。

ただ自分もそこそこ文句言ってますし、TCG大好きなのに褒める機会無いなと感じたので折角なので知る限りのTCGを誉めまくってみます!



【デュエルマスターズ】
・ルールが簡単ですぐ覚えられる。
・各カードパワーが高く派手な展開ができる、また出しづらい分派手な能力を持つカードが非常に多くデッキ組むのが楽しい。
・毎年新しいギミックが追加されるが、奇想天外な動きをする。
・デッキ構築の自由度が高い
・目玉カードが1箱に各1枚づづ入る太っ腹ぷり


【バディファイト】
・ルールが簡単ですぐ覚えられる。
・全カードゲーム中ダントツでゲームスピードが速く、短い時間で何度もできる。
・ルールはシンプルだが、相手ターン中のアクションが基本で戦略性も高い
・ドラゴンからコミカルなモンスター、和風など様々なテイストのテーマ
・絵違いカード、特に究極レアのイラストが綺麗


【MTG】
・圧倒的自由度、呪文のみでライフを削りきる、派手な動きをするコンボ、徹底して相手に行動させないなど大抵の事はできる
・競技イベントのサポートが厚い
・壮大な世界観の背景ストーリー
・使えるカードの範囲指定が複数あり、自分のペースで遊べる


【WIXOSS】
・女の子しかいねえ!!!かわいい!!!
・公式のイベントの方向性がぶっ飛んでる。WIXOSSしないのは当たり前、主に筋肉やベイブレードを持ちだす。
・いつでも追加の手札のように使えるデッキがあり、それの使い方が中々難しい、つまりプレイングが繊細で考える場面が多い。
・何はともあれ嫁を愛でろ。


【ヴァンガード】
・運ゲーTCGと言われていたのは今は昔、現在は中々綿密な数値配分が必要で楽しいゲーム。
・しかしトリガーチェックのカタルシスは存続、めくるのが好きな人に。
・ブシロTCGらしく様々なテイストのテーマが存在
・アニメ「ヴァンガードG」シリーズがめっちゃ面白い。過去シリーズを見てなくても大丈夫なので見よう。


【遊戯王】
・アニメキャラクターになりきってごっこ遊びするには最適「トラップカード発動!」
・尋常ではないテーマ数
・墓地から発動、手札から発動、しかもコスト等の制約も薄くデッキへのアクセス手段も豊富。
そのためデッキをガチャガチャ動かしデッキのカードをフルに活用できる。


【ポケモンカード】
・本家ゲームポケモンのシステムを忠実に再現したシステム。それに尽きるがメガシンカなども見事に再現している。
・デッキの回転効率が凄まじく、1ターンに取れる行動が多い。そのため後半は少ないデッキでどうやりくりするかも重要
・イラストアドが高い、特にメガシンカ周りのイラストはポケモン好きなら必見


【Z/X】
・現在展開中のTCGでは珍しい、敵味方のカードが入り乱れる将棋のような盤面を使う。
・また紙のTCGで攻撃とメインのフェイズがしっかりと『分けられていない』。そのため他のTCGと全く違うプレイングが求められる。
・日本一ソフトウェアのキャラクターがゲスト参戦しているので、それらが好きな人にも。


【ハースストーン】
・デジタルTCGでスマホでプレイ可能
・プレイヤーの手腕がダイレクトに強さに反映され競技イベントも多いため、ガチ対戦のモチベーションが上がる。
・デジタルTCGにしかできない処理を上手く使ってくる。全カード中ランダムに選ばれた3枚の中から選択する「発見」、手札のモンスターに対する強化など。
・各ヒーローにヒーローパワーといういつでも2コストで使える能力が存在、これによりプレイングの奥が深い
・現行、速攻からコントロールまでかなりの種類のデッキがトーナメントシーンで活躍中
・毎週特殊ルールでのイベント戦が開催、楽しい。


【シャドウバース】
・現行のTCGの中では圧倒的に低予算でできてスマホ遊べるため始めやすい
・進化という独自システムがあり、それを使った戦略の組み立て方は独特
・ゲームスピードが速く持ち運びできるスマホと相性がいい
・日本製ソシャゲだけあって声優が豪華



【終わりに】
実際の話、貶すのは簡単なんです。
例えばある骨董品の皿があったとします、その皿にに傷や欠けがあるのを見つけるのは猿でもできる。
ただその品物がいかに優れているかを紹介するとなると誰にでもできるものじゃ無い。 というかそれが出来るなら食っていけます。

だから誰でも分かる商品の欠点などを話すのはほどほどにして、いい所が浮かんだらもっと宣伝しましょう。
それがファンにとっての務めだと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:夜襲

今までの来場者
つぶやき
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR