--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-09-22

【デュエルマスターズ】今日のDR【カードブランチ金山店】

使用デッキ【ネクラゾロスター】


1回戦【黒単】×○×
1戦目:《チャクラゲー》狙おうとするも案の定《月下城》でサラダバー
2戦目:《不滅ギャラクシー》を筆頭にその他ウィニーで押し込む
3戦目:ハンデスされて辛くなるがトップ《ジャスティス》、ただ《激天下シャチホコ》より《ガンヴィ》消すのを優先してしまい《ザビバレル》で粘られ《魔天》。どう考えてもプレミ


2回戦【バキ】○○
1戦目:お互い事故し、こっちの《ジェニー》からスタート。その後《ゾロスター》が決まり《ジャスティス》《ジャスティス》《オアシス》と並ぶ。後は圧殺
2戦目:こっちも《白黒穴》からのパターンが決まる。そのまま《ジャスティス》《キル》《キル》するが、一度《ホワグリ》で粘られ《アポカリ》。ただもう一枚《ジャスティス》出しそのまま圧殺


結果:圏外
で、参加賞のパックを空けたらまさかの《ガイグレン》さん登場
使い道がねえ・・・。
スポンサーサイト
2014-09-22

【バディファイト】今日のバディカップ【カードブランチ金山店】

使用デッキ【魔術師(プロトタイプ)】


1回戦【デンジャーW】×
《デーモン》《ドランティス》《リクドウ斬魔》に殴られ続けて負け
手札に《アブラ・カタブラ》がかさばってた


2回戦【不戦勝】○


3回戦【新撰組】×
セコセコと相手の場を削って行くが、結局ライフを削りきれず負け


結果:全敗
まあ今回は調整兼ねてたのでまあいいんじゃなかろうか。
・《アブラ・カタブラ》は3枚も積むもんじゃ無い
・やっぱ《リヒト》《ドゥンケル》は欲しい
・ゲージが駄々余りしたので《バーニングフィスト》→《ストラディバリウス》に変更
《アクシア》さんは折角当たったんだから使いたいけど抜けそう・・・。
2014-09-15

【バディファイト】格安!封印型ジャックナイフ【デッキ紹介】

今回は初心者向けのデッキ講座。

初心者だろうがなんだろうが最初から勝てるようになるデッキの紹介だ。
今回はベースにこのトライアルデッキを使用するぞ。

ドラゴニック・フォース

ドラゴニック・フォース

もう一人の主人公とも言える龍炎寺タスク君の使用するデッキだ。
デッキ単体が500円で、基本カードが入っていて《ジャックナイフ》が強いのでこれ単体でも中々戦える。

ただ当然改造すればもっと強くなる。そのための格安改造案を紹介するぞ。
ちなみに無茶苦茶強いです。マジで

バディ:ブレイドウィング・ドラゴン
  種類  カード名 枚数  単価 
サイズ1サウザンドレイピア・ドラゴン20
ブレイドウイング・ドラゴン20
グレイブホーン・ドラゴンTD
サイズ2ジャックナイフ・ドラゴンTD
ジャックナイフ“サンダーストーム”TD
ジャックナイフ“ディアスパシィ”TD
迅雷騎士団ドラムバンカー・ドラゴン200
サイズ3迅雷騎士団 バスタードソード・ドラゴン150
武器竜剣 ドラゴフィアレスTD
竜剣 ドラゴブリーチ100
魔法ドラゴンシールド 緑竜の盾TD
ドラゴンシールド 白竜の盾50
竜の封印50
ドラゴニック・グリモ20
ドラゴエナジーTD
ドラゴニック・チャージTD
ドラゴ・ボンド20

※TDはトライアルデッキに入ってるカード

合計1680+500=2180円

まさかの2500円切り
こんな安いですがめっちゃ強いです。では各カードの解説


《ジャックナイフ・ドラゴン》
このデッキの核というかフィニッシャー。2ゲージでデッキから好きな進化体に進化できる。
ゲージは多くかかるが、その分攻撃力は十分なので一気に攻め込もう

《ジャックナイフ“サンダーストーム”》
ライフ2を払えばモンスター1体破壊、しかもターンの回数制限無し。
どれだけ固いモンスターがいようとライフさえ払えば突破できる最強クラスのフィニッシャーである。

《ジャックナイフ“ディアスパシィ”》
ライトかレフトにいれば貫通持ち。
《サンダーストーム》と比べると安定した運用が出来る。常に相手にプレッシャーをかけ続けてアドバンテージを稼ごう。

《迅雷騎士団ドラムバンカー・ドラゴン》
真主人公である牙王君のカード。
なんというかキーワード能力沢山付ければ強いんじゃね?ってカード。
実際滅茶苦茶強い、移動もサイズ2がやられて欲しいこのデッキとは相性抜群。

《迅雷騎士団 バスタードソード・ドラゴン》
移動と2回攻撃を持つシンプルに強いサイズ3のカード。
このデッキは武器を持って戦うことが前提なので、3回攻撃した後防御に回せるのは強い。

《竜剣 ドラゴブリーチ》
ライフ1とゲージ1で装備できる武器。コストが安い割にステータスが中々強力
牙王君から貰った《ドラゴブレイブ》は闇に葬られました

《竜の封印》
このデッキの真骨頂。
発動時、デッキの上から3枚を裏向きでこのカードの下において設置。
そのあとはライフ3以下であれば『対抗』のタイミングで中のモンスターを場に出すことが出来る。
ここで使用するのが《サンダーストーム》でライフを払って相手を殲滅した後3回攻撃。
その後、このカードを起動してモンスターを呼び出し追加攻撃!これで1ターンに10以上のダメージを叩き出す事が可能です。
この追加攻撃のためにデッキ内は打撃力の高いカードで構成されています。
他にも
・相手のモンスターの攻撃終了タイミングで起動、センターにモンスターを呼び出し耐える
・自身のセンターのモンスターが貫通持ちに攻撃されたとき起動、サイズ超過処理で攻撃をかわす
などが出来る。

ただライフ4から一発でトドメを刺される事もあるし、無意味に張りすぎると中盤がジリ貧になるので注意

《ドラゴニック・グリモ》
ライフ5以下で発動できるドロー魔法。
性質上ライフを減らせる《サンダーストーム》、捨てる前に張っておける《竜の封印》と相性がいいため採用

《ドラゴ・ボンド》
移動とのコンボがチートなほど強い、というか《ドラゴエナジー》も抜いてこっちに差し替えてもいいほど。
基本的にはサイドに立っている《ジャックナイフ》を守るのにも使うが、移動持ちに使うと余計厄介。
センターを開けた状態でこのカードを撃った後に移動すれば非常に厄介な壁になってくれる。


さらに改造するなら
ぶっちゃけこのままでも十分過ぎるぐらい強いが、もう少し予算をかければ自分好みに改造することができる。
※必ずしも強くなる訳では無いので注意

《インフェルノアーマー・ドラゴン》 300円
出たときにほぼ確実に1体、起動効果で1体除去できるモンスター。
現在ドラゴンWで最も見るサイズ3モンスターである。
《バスタード・ソード》よりも安定した運用が期待できるため、こちらにするのもオススメ。
《竜の封印》との相性もいい

《ドラゴンシールド 青竜の盾》 600円
使ったときにゲージを1枚増やす盾魔法。これを《緑竜》の代わりに投入すれば《ドラゴニック・チャージ》が必要なくなるのでそこに別のカードを投入できる。
ただ《緑竜》の盾のライフ+1もなんだかんだ大きいので好みで。

《ジャックナイフ“セイヴァー”》 700円?(初動のため安定してない)
移動を手に入れた《ジャックナイフ》の進化形態。
《ドラゴ・ボンド》を増やす場合入れておけば腐る心配が少なくなるので多少安心。
ただ矢張り攻撃性能は落ちるので注意
2014-09-15

【デュエルマスターズ】今日のDR【カードブランチ金山店】

使用デッキ【ギフトλ】

1回戦【ドラゴンキューブ】○×○
1戦目:盾をゼロまで削るが、《エクス》《リュウセイ》で返される。だが《ライゾウ》攻撃時のトリガーで《クロック》で勝利
2戦目:《ルピア》→《ボルシャックNEX》を止められず負け
3戦目:序盤から殴り、《GENJI》でトドメまで持っていけた

2回戦【白黒イエス】○××
1戦目:《ラムダ》まで繋げ、《GENJI》で押し切る
2戦目:《薔薇城》で場が壊滅し、そのままジリ貧
3戦目:《ザビバレル》や《ドテラ》でいいように止められる

3回戦【手芸モルト】××
1戦目:《ラムダ》の返しに《ガイギンガ》出されて終了
2戦目:同上


結果:圏外
《吸い込む》より《クロック》の方がいいのか?
あと返しの《ガイギンガ》に弱すぎるのはなんとかしないと
2014-09-13

【バディファイト】髑髏武者【デッキ紹介】


今回は私が一番気に入っているデッキの紹介です

キーカードはコレだ!

闇狐

《包蔵過心 闇狐》つまりは髑髏武者デッキだ。
なお私は漫画『ノラガミ』が大好きだったりするので、イラストで一瞬で気に入って組んでしまったぞ!

では早速レシピの紹介をしよう。
  種類      カード名     枚数  単価 
サイズ1包蔵過心 闇狐1000
常勝無敗 絶獅子200
血刀 鬼面斎20
残山剰水 餓鰐20
サイズ2疾風 餓狼王200
剣虎 紅蓮炎武20
サイズ3無道八虐 撞木鮫50
武器天下五剣 鬼丸50
魔法黄泉の還り路50
鬼道 おぼろ幻舞150
爆殺奈落送りの術500
鬼道 桜吹雪50
鬼道 月白斬り50
忍法 蛇睨み50
忍法 半殺し20
アイテム爆砕の術50
明鏡止水150

合計9000円

【髑髏武者】とは?
まずは髑髏武者について簡単な解説から。
髑髏武者はバディファイトの中でもかなり特殊な動きをするデッキ。
モンスターは通常より強いが、ターン終了時に破壊されるデメリットを持つものが多い。
そのデメリットを《闇狐》や《絶獅子》で帳消しにしつつ、《黄泉の還り路》で死んだモンスターを復活させ続けるデッキだ。
その特性上、回れば息切れし辛く、打撃力も中々なので継続して相手を追い詰めることができる。
ただ、ステータスは貧弱なものが多いのと、攻撃無効魔法を上手く読んで立ち回らないとすぐに機能不全を起こす。
また手元にキーパーツを揃えるまでは貧弱でそれまでどのようにしのぐかが重要になる。
さらにカタナワールドの特性になるが、相手のデッキへの戦い方を知っておかないと簡単に潰される

そのためプレイングはバディファイトで最高レベルに難しいので注意


各カードの解説

《包蔵過心 闇狐》
髑髏武者のキーカード、ダメージを与えた髑髏武者を墓地送りにし1枚ドローする
デッキのエンジンでありこのカードをいかに早く引き当てるか、引かない間はどのように立ち回るかが重要

《常勝無敗 絶獅子》
ターン終了時、自分の髑髏武者を好きな数ゲージへ送る。
基本的に《闇狐》の保険ではあるが、《アイテム爆砕》はこれが無いと使い辛い場合が多い。
またこれでゲージを稼いで《種目鮫》を出し《還り路》を回収するのも重要な手段の一つ

《血刀 鬼面斎》
ターン終了時に死ぬ貫通持ち。
このデッキのメインアタッカー、これを2体並べて貫通で一気に持っていくのが最強のパターンとなる。

《残山剰水 餓鰐》
攻撃力7000という超パワーを持ったサイズ1、例によってこいつもターン終了時に死ぬが。
正直センターを突破するのが仕事なので《闇狐》でドローすることを期待してはいけない。
除去魔法として割り切ったほうがいいだろう。

《疾風 餓狼王》《剣虎 紅蓮炎武》
このデッキのサイズ2枠。この2枚についてはほとんど好みで選んでもらってOK
というのもこのデッキ、サイズ1ばっかで戦ってほとんどこいつらの出番が無い。
ただ《奈落送り》の関係上3~4枚は欲しいところ。

《無道八虐 撞木鮫》
出た瞬間、墓地の鬼道を回収できる。
このデッキ最重要パーツである《還り路》を回収するのが主な仕事
そうでなくても《明鏡止水》とあわせて使えば先行の攻撃手段としては十分な部類。
ただ矢張りコストの重さが目につくので《風魔小太郎》と差し替えてもいいかもしれない。

《天下五剣 鬼丸》
このデッキではこの武器しか考えられないレベルの強さ、というか全武器見てもコレだけ優秀な武器はそう存在しない。
3回しか使うことが出来ないが、破格の性能を持っている。さらにソウルで維持する都合上、デッキの上から2枚の疑似墓地肥やしも無視することが出来ない要素。
また攻撃しなければ耐久値が減らないため、センターに置くことも多いカタナワールドと相性がいい。

《黄泉の還り路》
このデッキ最重要のキーパーツ
1ターンに1度、墓地の髑髏武者をゲージ1で蘇らせる事が出来る魔法。このカードを引ければ、かなり立ち回りが楽にになる。
勝率を左右するのはこのカードを引かなかった場合のプレイングである。
とりあえず、センターにモンスターを置かず、ひたすら相手のモンスターを削って行く作業で遅延して行く。
あと引いた《闇狐》は可能な限り守り、デッキを回すこと。相手のデッキによってこのあたりはかなり変わってくるのでぶっちゃけ勘と綿密なダメージ計算

《爆殺奈落送りの術》
カタナワールドの醍醐味かつ、一番扱いになれる必要のあるカード
とりあえず一番の仕事は《闇狐》を墓地に送ることだが、その点でのリスクを十分考える事。
相手のWによってはサイズ1破壊がまるでダメージにならない場合があるので注意
以下相手Wごとの対策

ドラゴンW:サイズ2にコールコストをかける事が多いため、基本的には2安定、ただし《インフェルノアーマー》がサイズ3にいるため《還り路》を引いていない場合はそっちを警戒するのもあり。(《インフェルノアーマー》は効果解決時にソウルがないと効果発動しない)
デンジャーW:アドを稼がないデッキのため割とどのサイズを入れても効く。ただ《死狂い》を装備している場合は連携貫通だけには注意
マジックW:基本的にサイズ1安定。
カタナW:こちらも《紫電》《闇狐》がいるため基本サイズ1
エンシェントW:サイズ3しかいねえ
ダンジョンW:サイズ2、サイズ1に危険なモンスターがたっぷり。相手の手札が多ければ《テツヤ》警戒の1、少なければ《オーサー》警戒の2が基本

《鬼道 桜吹雪》
何を打ち消すか、コレも相手のデッキによって大きく変わってくる。
だが、一番マズイのはコチラの攻撃が《盾》で無効にされモンスターが犬死にすることなのでよく考えて使うこと。

《忍法 蛇睨み》
とりあえず《テツヤ》がヤバイ。あれだけはなんとしても止める必要がある。
また《テンペストエンフォーサー》も泣く

《忍法 半殺し》
私がエンシェント相手に何も出来ないのが嫌いなので入れた結果。
ただ他にも《勇者ドラム》《迅雷ドラム》《ケルベロス》などそれなりにソウルガード持ちは見るので完全に腐ることは少ない。


回し方

まず最初は《還り路》と《闇狐》の2枚を揃える事を目指す。
それまではあまり相手には攻撃せずに、攻め手を減らす。《闇狐》のみ引いた場合は相手に攻撃してデッキを回すのもあり。相手のデッキと相談。
両方が手札に揃ったら突撃開始。最強のパターンは、モンスターが《鬼面》《鬼面》《闇狐》
《鬼面》でダメージを与え《闇狐》の能力を使えば自分のセンターが空くので武器で攻撃可能。合計9ダメージ+2ドローすることが出来る。
そうでなくてもセンターにモンスターがいるときは《鬼面》+《闇狐》で9000までは対応可能なのでチクチク攻める。

手札のキープについては、《還り路》があってもモンスターを1枚は握っておきたい。そうしないと《闇狐》が仕事しない。
正直な話、相手の使っているデッキによって動かし方、特に使う防御札が大きく変わってくるので、このあたりは慣れてもらうしかない。

というよりバディファイト自体が相手を知ることの重要性が非常に高いゲーム。
2014-09-06

【デュエルマスターズ】オリカまとめ3

ツイッターに投下したオリカまとめ3
少々調整したのもあります

《暴虐の封剣 ???》 火文明 4コスト
・装備クリーチャーは可能なら攻撃
・装備クリーチャーはスピードアタッカーを得て、パワーアタッカー+5000
・装備クリーチャーが場を離れると龍解(アンタップしない)

《暴虐龍 ???》 火文明 ガイコマ龍 7コスト P12000
・Wブレイカー
・攻撃時、相手のクリーチャー1体とバトル
・可能なら毎ターン攻撃


強制的にビートさせるドラグナー
中々に対処がめんどくさいので詰めで強い。


《邪眼左神 キラークイーン》 闇文明 6コスト ゴッドノヴァOMG/ドラゴンゾンビ P5500
・左Gリンク
・このクリーチャーがバトルゾーンに出たとき、自分のリンクしているゴッド1体につき1枚相手の手札をランダムにデッキの下へ送る。その後自分のゴッド1体につき1枚、相手の手札をランダムに墓地に送る。
・リンク中、Wブレイカー


ハンデス持ちOMG、ください


《》4コスト ヒューマノイド爆 P3000
・相手がパワー4000以下のクリーチャーを場に出したとき、このクリーチャーを破壊しても良い、そうした場合そのクリーチャーを破壊する。


そろそろ出てもいいだろうと思われる先出しの罠系クリーチャー。このカードは要はグレンモルトメタ


《》 光文明 2コスト ジャスティス・ウィング P2000
・マナ武装4:各ターン中初めて、相手のクリーチャーが効果でタップされたとき、カードを1枚引く。


《》 水文明 2コスト リキッドピープル閃 P2000
・マナ武装4:各ターン中初めて、相手がターンの最初以外にドローしたとき、カードを1枚引く。


《》 闇文明 2コスト ファンキー・ナイトメア P2000
・マナ武装4:各ターン中初めて、相手のクリーチャーが手札又は戦場から墓地へ置かれたとき、カードを1枚引く


《》 火文明 2コスト ヒューマノイド爆 P2000
・マナ武装4:各ターン中初めて、自分のクリーチャーが攻撃するかバトルで勝ったとき、カードを1枚引く


《》 自然文明 2コスト ビーストフォーク顎 P2000
・マナ武装4:各ターン中初めて、手札以外からカードが自分のマナゾーンに置かれたとき、カードを1枚引く。


各文明の2コストドロソサイクル。各文明、得意なことをすれば見返りが来る。
マナ武装は大きめ


《水の秘儀 スパイラルショット》 1コスト 呪文
・Sトリガー
・自分の水単色のクリーチャーを1体タップしてよい、そうした場合、相手のクリーチャーを1体選び手札に戻す。


単色クリーチャーのタップによって格安で撃てる秘儀呪文サイクル(予定)


《》光文明 8コスト エンコマ龍 P8000
・相手がカードをドローしたとき、自分の光クリーチャーの数だけ、相手は自分のマナかクリーチャーをタップする。
・相手のマナが全てタップされているとき、このクリーチャーは場を離れず、ブロッカーを得る
・Wブレイカー


そろそろ来そうな光文明のマナ拘束。
ただブロッカーを最初から持たせると《ヘブンズ》で出てくるので、代わりに余計厄介な効果を。


《》光文明 ジャスティス・ウィング 2コスト P2500
・自分の手札が相手によって捨てられたとき、墓地からコスト3以下のクリーチャーを場に出す。
・ブロッカー
・相手プレイヤーを攻撃できない


光単色のハンデス対策。手札が増える訳では無いが欲しい。


《》 火文明 6コスト ガイコマ龍 P7000
・Wブレイカー
・スピードアタッカー
・相手がSトリガーを使ったとき、アンタップする


要するにスパーク殺すマン。そろそろこういった遠まわしにトリガーを封じるカードが増えてもいいんじゃなかろうか。
2014-09-01

【デュエルマスターズ】動画投稿『別館!DMデッキ開発部 後編』



はい少し遅くなりましたが後編を投稿しました。

今回はスーパーデッキを改造するに当たって、個人的にオススメするカードの紹介なので現役プレイヤーには少し物足りないかもしれませんが、あしからず。
2014-09-01

【バディファイト】今日のバディカップ【カードブランチ金山店】

使用デッキ【髑髏武者】


1回戦【ダンジョンW】
先行、とりあえず手札にマトモなアタッカーが《種目鮫》だけ。
仕方ないので出したら手札に《おぼろ幻舞》が3枚になる。
ただ相手も手札が微妙だったのかサイズ1しか出て来ずモンスター削って押し切る


2回戦【迅雷騎士団】
しょっぱなから打撃4の《バトルアクス》が殴ってくる、とりあえず《おぼろ》で防ぐ。
ただ次のターン破壊しようとしても盾で防がれ、結局4受ける。サイズ1は爆殺した。
その後はお互いジリ貧になる、後半相手が《アーチャー》と《大空》でぐるぐるするが、盾引かれず次のターントドメ。


3回戦【迅雷フォーメーション】
相手の先行《フォーメーション》は《桜吹雪》で。
そして相手は《ソードシールド》で殴りまくって来たので、それには何とかご退場願う。
そして相手がジリ貧になって行くが、《真フォーメーション》を撃たれ《ファーネ》出現。
ただそれは《爆殺》で退場願いました。


4回戦【金蛇型カタナ】
相手が《紫電》1回使うも《ゴジョー大橋》《巻物》引かず、《月影》に貫通やってたらそのまま押し切れた


結果:優勝
やべえデュエマ全然勝てないのにこっち調子いいわ。

デュエマの大会は赤抜きビマナなのに《エンフォーサー》を入れるのを失念していて【モルト】にひき殺されました。
プロフィール

Author:夜襲

今までの来場者
つぶやき
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。