2018-06-12

【記事寄稿】【デッキ紹介】『シャドウシェイド』





また遊々亭様で記事書かせていただきました。
今回は【シャドウシェイド】の記事になります。

DDD環境初期に猛威を振るったデッキ、当時ミラーではどちらが《ノーブレイナー》をたくさん握れるかという勝負になりました。
半年ほど環境にいましたが【灼熱地獄】のコントロール力の前には力及ばずやや力を落としていき、【スタドラツヴァイ】の貫通連打
戦法の前に完全に消滅した流れになります。

当時の名古屋バディフェスタ決勝の【灼熱地獄】vs【シャドウシェイド】
【地獄】が毎ターン《ジャッジメント》で《ヘルズシールド》を回収して攻撃を完全に防ぎ、《我が手に燃ゆるは黒き白光》でトドメの流れは今でも覚えています。

しかし今回《シルエットオリバー》の登場で瞬間火力を出せるようになりました。
バディファイトで瞬間火力を出せる事はかなり重要で、相手の戦略に付き合わず殺せるようになります。

そうでなくてももう一種《ザ・シェイド》が追加されたようなモノなのでブンブン回せます。
防御をソウルガードに頼るデッキに対しては滅法強いのです、毎ターン必殺コールする勢いで殺しに行きましょう。
スポンサーサイト
2018-06-05

【記事寄稿】【デッキ紹介】『紅蓮闘士』





今回も遊々亭様でデッキ紹介を書かせて頂きました。

【紅蓮闘士】は現在めっちゃお安く使い方も簡単なデッキなので初心者にもオススメ!
《ラウドヴォイス》は妥協しましょう。

そして私の激押しモンスター《ドラムバンカー・ドラゴン “2018” 》!
マジで先行1ターン目に立てると安心感が異常です。余程の事が無い限り死にません。
このカード引ければ先行1ターン目に拳が無くても次のターンまで延命可能、強い。

バディフェスタ行けばもらえるので3枚ぐらい貰っておきましょう。
2018-05-31

【バディファイト】動画でのプレミ大全

プレミ:プレイングミス

最適解とは違う行動をしてしまう事。
◆代表的な例だとトドメをさせるのにそれを見逃してしまう事(俗に言うリーサル逃し)
◆ルール上できない挙動をやってしまう事(明確なルール違反であり警告の対象:ルールミスとして差別化もされる)

当然カードゲームにおいてはプレイングミスを減らす事が勝率に直結する。
そのためプレイヤーはプレイングミスを減らすために切磋琢磨するのである。

しかし、人間はプレイングミスをしてしまうもの。
それは動画でも同じであり見直せるとは言え一人で作成している以上、どうしても発生します。

架空デュエマでは目に見えるモノは少ないですが、バディファイトは実は結構な数やらかしてます。

という訳で今回はそのミスを一つ一つ潰していってプレイングの向上を図りましょう。

続きを読む

2018-05-16

【デッキ紹介】復帰勢に勧める青黒コギリーザ【デュエルマスターズ】

最近はバディの動画やブログしか書いていませんでしたがデュエマもヴァンガもバトスピもポケカもハースストーンもきちんとやっています。

さて今回は復帰勢に勧めるデッキ【青黒コギリーザ】を紹介しようと思います。

キーカードはこのカードです。

偉大なる魔術師 コギリーザ

《偉大なる魔術師 コギリーザ》  水文明 6コスト
NEOクリーチャー:ムートピア パワー7000
◆NEO進化:自分の水のクリーチャー1体の上に置いてもよい。
◆W・ブレイカー
◆キズナコンプ(このクリーチャーが攻撃する時、好きな数の自分のクリーチャーのKP能力を使う)
◆KP-いずれかの墓地から、コスト7以下の呪文を1枚、コストを支払わずに唱えてもよい。唱えた後、その呪文を墓地に置くかわりに、持ち主の山札の一番下に置く。

続きを読む

tag : デュエルマスターズ

2018-05-16

【記事寄稿】【デッキ紹介】『髑髏武者』





また遊々亭様の方でバディファイトを書かせていただきました。

今回は髑髏武者になります。

今回は前回に比べてややはっちゃけ気味の文章にしてみましたが、ところどころ校正が発生して遊々亭様のお手を煩わせてしまいました、反省。

もっと丁寧な口調でトチ狂った文章を書く必要がありますね。心の師匠まつがんへの道は遠い。


さてデッキの髑髏武者はなんだかんだ最初期から使っています。
トップメタになった事は無いものの毎年デッキが丸々変わる事が無く、それでいて強化によって新たな動きができるようになっていきました。

特に《夭逝 美々蛙》の登場は革命で、今までの髑髏武者達をほぼ一枚だけ採用し状況に使い分ける事が出来るようになりました。
その後《死地への誘い》の流行でかなり動きづらくなってしまいましたが今回の《人面獣心 八重麝香》により立場が完全に逆転。
記事にもあるように《荒供養》も撃ちやすくなりかなりの強化を得ました。

防御札もカタナWには豊富で色んなデッキに対処する術がありますプリドラだけはどうにもならんけど

新シリーズになって強化がもらえるかは分かりませんが器用に立ち回れる上に初期から愛用してるデッキなので今後も使い続けます。



あとGGGカップの戦績も書いてました。
プロフィール

Author:夜襲

今までの来場者
つぶやき
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR